calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

new entries

categories

archives

Tweeeeeet!


ボランティア・義援金募集中!

鎌倉とどけ隊

Mooncup Menstrual Cup
    

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ベンガラ泥染めワークショップ@トットネス

先日トットネスで行なわれた「ベンガラ泥染め」のワークショップに参加してきました。「スキルエクスチェンジ」というトランジッションタウン企画の一環で、誰でも興味のある人はWELCOMEの上、なんと参加費は無料。


ワークショップ主催は岡山県で手づくり家具と染織工房のアーツ&クラフツビレッジを経営する、染織ビトでもある原田豊美さん。先月ひょいっと訪れたバスケットフェスティバル(Basketry and Beyond Festival 2013) で展示出店していた彼女とお会いし、日本のべんがら泥染めについてあれこれとお教え頂きました。


ベンガラ泥染め。
鉄分を含む土で染める鉱物染めで、染液を煮炊きする必要もなく、染料を水で薄めるだけで染液が作る事ができ、さらに柿渋同様、日光を浴びてより繊維に定着していく、というスーパーエコ染色。

日本からやってきたベンガラ泥の染料で、コットン生地がきれいに濃くしっかりと染まりました。画像下、私のは手前から二番目ので、2本の割り箸で生地を挟んで、2色の部分重ね染め、割とシンプルな仕上がりになりました。大満足♪


そして驚いた事にワークショップの予定時間はたったの1時間。そんな短時間でできるのかな。。。なんて思っていたけど、豊美さんの丁寧な解説つきで、見事15人程の参加者全員がハンカチサイズの切れ端を染める事ができました。岡山の彼女の工房でもワークショップなど開催する事があるかもしれません、ご興味のある方はアーツ&クラフツビレッジ、またはベンガラ泥染めの生産者「古色の美」をお訪ねください★


私が今住んでいるデボン州にも、ベンガラのように鉄分を多く含む「赤い土」があります。地産地消を心掛ける人が多いこの地域で、この地元の赤い土を使って染色ができたら♪ と、豊美さん始め、ここらに住む多くの人が注目しています。私も自分なりに研究と言う名目で(笑)近々この土で遊んでみたいと思います★

そして余談ですが、こんな風に技術やアイデアのグローバルエクスチェンジが今後さらに盛んになっていけば、世界中の過疎地でもおもしろい事がわんさか起きる気がします。おー若者よ、いざ田舎へ★レッツラムーブ♪♪♪

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/06/13 9:43 AM
コメントする